×

CATEGORY

HOME»  技術紹介

技術紹介

サンドブラストとは?

サンドブラストとは、表面に砂などの研磨剤をコンプレッサーの圧縮空気に混ぜて吹き付ける加工法です。
様々な素材(ガラスのコップや木材、デニム、金属、石材など)を加工することができます。

 

 
 
 
 

この様な素材にイラストやメッセージ、店舗ロゴ、オリジナルデザインを彫刻することができます。
アイデア次第でその可能性は無限に広がっていきます。

露光機
▲制作したデザインでマスキングを作る露光機

サンドブラスト加工とは、コンプレッサーによる圧縮空気と研磨剤を吹き付ける機械装置を使い素材の表面を研磨して素材を加工することです。

 

コンプレッサー
▲圧縮空気を作るコンプレッサー

サンドブラスト加工をすると表面が研磨されるためガラスはすりガラス状になり、サンドブラスト特有の美しい模様やイラストを様々な素材に彫刻することができます。

 

ブラスター
▲実際に研磨(彫刻)に使用するブラスター

こちらに研磨剤が充填してあり、空気圧で吹き付けながら素材にイラスト・デザインを加工していきます。
簡単に言うと機械装置を使いコンプレッサー貯めた圧縮空気でタンク内の研磨剤をブラスト用のガンから吹き出す仕組みです。
 

 

集塵機
▲素材の削りかすを吸引する為の集塵機。

研磨剤は吸引しません。

CONTENTS

CATEGORY